MENU

画像

春先や秋、そして冬になるとトレンチコートを着用して電車通勤する人の姿が目立つようになります。しかし外は寒くても車内は温かいことも多く、そのような状況では汗をかくこともあります。また車内や駅のホームにはたくさんの人がおり、それらの人にぶつかってしまったり、ときには壁や手すりにコートが触れてしまうこともあります。そのため通勤時に毎日着用されるコートは非常に汚れやすいのです。

 

しかしトレンチコートは自宅で洗濯できないのが一般的です。そのためクリーニングに出す必要があります。しかしベージュやダーク系カラーのトレンチコートは汚れが目立たないために、どのタイミングでクリーニングに出せばよいのかがいまいちわからないという人もいます。ではトレンチコートをいつクリーニングに出せばよいのかについて見ていくことにしましょう。

 

 

 

「汚れがついたらすぐにクリーニングへ」

 

まず目立った汚れがついてしまった場合ですが、このようなときはすぐにクリーニングに出すべきです。もちろん非常に小さな汚れなどは自分でその部分を水洗いしてみることもできます。しかし比較的目立つものである場合は要注意です。特に油汚れなどの場合、長時間そのまま放置しておくことで汚れは頑固になり、クリーニングに出しても落とせないこともあります。また汚れは生地の風合いにも変化を与えることがあるために、早めにクリーニングに出すようにします。

 

この点で意外な盲点となるのが、袖口の汚れです。袖口は手首に直に接することの多い場所です。そのため汗染みが付きやすい場所でもあるのです。汗染みは意外と気づくことができず、それを確認したときにはすでにコートの袖口がかなり黒くなっていたという状況に直面した人も少なくないはずです。汗染みは汗のみならず油脂も含んでいることが多く、そのため落すのは容易ではありません。こうした状況に陥ることがないよう、袖口はこまめにチェックするべきです。特にライト系カラーでコットン素材のコートの袖口は汗染みが目立ちやすいために、このタイプのトレンチコートを着用している人は特に気をつけるべきです。

 

 

 

「一般的にはシーズンオフ前」

 

目立った汚れのないトレンチコートの場合、シーズンオフに入る前にクリーニングに出すのが一般的です。トレンチコートはデザインのみならず、その形によっておしゃれな雰囲気を醸し出すファッションアイテムです。しかし頻繁にクリーニングに出すことでその風合いが失われてしまい、おしゃれな形をキープすることができなくなることもあります。そのためクリーニングに出す頻度は、最小限にとどめるべきです。

 

もしかするとほぼ毎日着用したにも関わらず、目立った汚れがついていないためにクリーニングに出さずにクローセットに長期間しまっておくことにした、という人がおられるかもしれません。しかし1シーズン着用したトレンチコートには、見えない汚れが必ずついています。とりわけコットン素材のものには汚れが付着しやすく、きれいに見えても実際はそうではないことが多々あるのです。このような汚れは虫をおびき寄せます。そして虫によって穴を開けられてしまうと、せっかくのトレンチコートが台無しになってしまうのです。また汚れがついているトレンチコートを長期間クローゼットにしまっておくと、嫌な臭いが発せられることもあります。こうしたことを防ぐためにも、シーズンオフを迎えたトレンチコートはクリーニングに出してから保管するべきです。

 

中には3シーズン着用できる薄手のトレンチコートを着用している人もおられることでしょう。このような状況では着用される頻度が非常に高いために、真冬のみに着用されるトレンチコートよりも汚れやすい状況にあります。このような場合でも、基本的にはクリーニングに出す頻度は年に1度です。ベストなタイミングは春先での着用が終わった後で、秋が深まり肌寒くなった頃に再び着用するという着回しがよいでしょう。しかし先にも述べたように3シーズン着用できるものは汚れる確率も高くなるために、年に2回のクリーニングが必要となることもあります。コートから少し変わった臭いがするようになったと感じたり、カラーがくすんできた場合は汚れている可能性があります。こうしたことを目安に、クリーニングに出すタイミングを決定することができます。

 

 

 

「数回しか着用していないものは?」

 

シーズン中に数えるほどしか着用していないトレンチコートの場合、目立った汚れがなければクリーニングに出す必要はありません。特にコーティングがしてあるものや、ナイロンなどの化学繊維で作られているものなどは汚れが付きにくいために、クリーニングの必要はないでしょう。先にも触れましたが、クリーニングに出すことで風合いが変わってしまうこともあるために、このようなトレンチコートは陰干ししてからクローゼットにしまうようにします。

 

 

 

このようにトレンチコートのクリーニングは基本的には年に1度ですが、目立った汚れがついてしまった場合は早めにクリーニング店に持って行くべきです。とにかくクリーニングに出す頻度を最小限に抑え、トレンチコートをおしゃれで清潔な状態に保つことを心がけるべきです。

 

コートのクリーニング料金はコチラをご参照ください。


このページの先頭へ