MENU

画像

冬場に大活躍するファッションアイテムの一つは、何といってもウールのコートでしょう。天然素材で作られたこのコートは決して価格の安いものではありません。またデザインや機能性を考慮してクオリティーの高いものを購入する人も多く、そのためウール素材のコートのクリーニングに関しては、かなりリシビアになるという人もたくさんいます。実のところ、ウール素材のコートを長持ちさせるにはクリーニングに出すタイミングが非常に重要となります。いくつかのポイントがありますので、それらについてご紹介したいと思います。

 

まず思いに留めておくべきことは、ウール素材のコートを頻繁にクリーニングに出すのは避けるべきであるということです。なぜならウールという素材には独特の風合いがあります。そのため1シーズン中に何度もクリーニングに出すとその風合いが損なわれてしまうことがあるために、頻繁なクリーニングはお勧めできません。コートを長持ちさせるコツの一つは、汚れがついたらすぐにそれを落とすことです。ウール素材のコートの場合それが難しいように感じられますが、ブラッシングを行うだけでもかなりの汚れやホコリを落とすことができます。そのためこうしたことを心がけ、できるなら1シーズンに1度のペースでクリーニングに出すようにします。

 

ウール素材のコートを所有するにあたり、一番心配されることは虫食いです。天然繊維を食べる虫によって穴が開くと、大切なコートが台無しになってしまいます。多くの場合、虫食いはシーズンオフとなった後、長い間クローゼットにしまわれていた時に生じます。そのためこの期間内にコートに虫が寄り付くことがないように注意しなければならないのです。ウールに穴をあける虫は、コートに付いた汚れや汗染みに引き寄せられます。そのため大切なウール素材のコートを長期保管する前には、必ず汚れや汗染みを落とさなければなりません。

 

こうした点を考えると、ウール素材のコートをクリーニングに出すタイミングは、シーズンオフに入る前であることが理解できます。ウールにもいくつか種類がありますが、全体的にクリーニング料金はそれほど安いものではありません。特にカシミヤなどはクリーニング料金が高く、そのような素材のコートを所有している人が頻繁にクリーニングに出すことは決して容易ではありません。しかし1年に1度のクリーニングでしたら料金もさほど気になりません。

 

しかし当然のことながら、緊急なクリーニングが必要となることもあります。例えば自分では処理できないような汚れがついてしまい、そのまま放っておくと染みになってしまうようなケースです。このようなときはすぐにクリーニング店へ持って行くべきです。また気に入ったコートをほぼ毎日着用するという人もいますが、そのような人はコートに汗染みができていないかどうかを確認するべきです。そのような染みも落としにくくなることがありますし、場合によっては嫌な臭いの原因となります。またコーを変色させてしまうこともあるために、注意が必要です。自分ではどうしようもできないような汗染みがついてしまった場合も、すぐにクリーニング店に持って行くべきです。

 

基本的に緊急事態が生じない限り、ウール素材のコートを毎日通勤や通学の時のみ着用するようでしたら、1年に1回のクリーニングでも問題はありません。だからといってコートをどのように扱っても構わないというわけではありません。まず先にも述べたように、定期的なブラッシングを行って汚れやホコリを取り除くようにします。また雨に濡れたときはすぐに乾かすようにし、普段はなるべく木製のハンガーにかけるようにします。木製のハンガーは湿気を吸い取ってくれるために、ウール素材のコートの乾燥を助けてくれます。

 

またウール素材のコートになるべく緊急事態が生じないよう心がけるべきですが、コートを脱いでどこかに置いていた時に汚れがついてしまったというケースが多々生じています。そのようなことを避けるために、コートを脱いだ時は裏返し、表に汚れがつかないように注意します。もちろん裏地の見えやすいところに頑固な汚れがついてしまった場合はすぐにクリーニングに出すべきです。しかし目立たないところに汚れがついた場合はシーズンオフまで待つことも可能です。もちろんコートに対する思い入れなどにもよりますが、ウールの風合いを損ねずにいつまでもおしゃれに着こなすためには、先にも述べたようになるべくコートをクリーニングに出す回数を減らすことが大きなポイントなのです。

 

これまで考えてきたように、ウール素材のコートをクリーニングに出すベストな回数は1年に1度で、なるべくその回数を増やさないようにすることが望ましいとされています。冒頭でも述べたように、ウール素材のコートは決して価格の安いものではありません。そのためこのコートをいつまでもおしゃれな状態に保つことができるよう、常に心がけているべきです。


このページの先頭へ