MENU

画像

寒い季節になると手放せなくなるコート。

 

コートのクリーニングって、どれくらいの頻度でするべきなのでしょうか?

 

クリーニングの頻度や応急処置についてまとめました。

 

 

 

・コートは何着ある?

 

洋服や靴でよく言われるように、毎日同じコートを着るよりも何着かを着まわした方が、コートが休まり、長持ちします。

 

また、汚れる頻度も少なくなり、クリーニングに出す回数も減らせますよね。

 

仕事と休日などで分けて持っている方も多いと思いますが、理想としては連続で着ることがないよう、2着以上あると余裕をもって着用できます。

 

 

 

・コートのクリーニングはシーズン終わりに1回のクリーニングで十分

 

ひどい汚れ等が無い場合は基本的にシーズンの終わりに1回のクリーニングという方が多いようです。

 

様々な素材のコートがありますが、ウールやダウンなどデリケートな素材は、クリーニングの頻度が高いほど消耗してしまいます。

 

クリーニングはその方法にもよりますが、普段着用するよりも記事に負担をかけてしまうことがあり、クリーニングの頻度を抑えることが長持ちにもつながります。

 

普段からケアをしてあげることが大切ですが、忙しいとなかなかケアする時間も取れませんよね。

 

そこで、クリーニングの頻度を抑えるための最低限のケアをご紹介します。

 

 

 

・コートはコートハンガーに形を整えてかける

 

コートのクリーニングの頻度を減らすためには、日々のケアが大切です。

 

素材に合わせてブラッシングなど様々なケア方法がありますが、日常生活でコートのことまで手をかけていられない・・・そんな方も多いと思います。

 

ですが、これだけはやっておきましょう、というケアが、「コートハンガーに形を整えてかける」です。

 

部屋の床やソファ、椅子の背もたれにひょいとかけたままにしてしまっていませんか?

 

それらはコートにとって「無理な姿勢」となるので、いたみや型崩れの原因となるとともに、食べこぼしなどの汚れを受ける機会を増やしてしまいます。

 

帰ってきたらコートをハンガーにかけて「今日もお疲れ」と形を整えてあげる。

 

これだけでコートは次に着るまでに復活してくれます。

 

薄手・やわらかいニットコートなどハンガーにかけることで伸びてしまう恐れがあるものは、きちんとたたんで置いておきます。

 

 

 

・たばこや食事のにおいがついてしまった時の応急処置

 

衣類消臭剤などが各社メーカーから発売されていますが、そういったものが手元にない場合、お風呂場にハンギングしておくのも有効な方法です。

 

クリーニング以外でにおいを取る方法として、水分とその蒸発がポイントになります。

 

衣類に水分が付着すると、それが蒸発するときに一緒ににおいを発散させてくれます。

 

入浴後の適度な湿気が衣類に付着し、浴室の乾燥とともに衣類に付着した水分が蒸発してにおいがとれていきます。

 

飲み会などで夜遅くなって、翌日もそのコートを着たい、クリーニングに出すほど汚れていないけどこのままクローゼットにはしまえない、そんなときは一晩お風呂場にハンギングして、自然ににおいを落としましょう。

 

また、晴れた日に外干しするのも有効ですが、コートの素材によっては日焼けが気になってしまいます。

 

外干しをする場合は必ず陰干しを行い、数時間程度で部屋の中に入れてあげましょう。

 

 

 

・食べこぼしやメイク汚れがついてしまった

 

まずはすぐに汚れを取り除くことが大切です。

 

どんな素材のコートでも、汚れを落とすのに「こする」はNG。

 

汚れの箇所を軽くつまむようにして取り除きます。

 

強くつまんでしまうとその力で衣類に汚れを浸透させてしまうことがあるので、できる限り軽いタッチで行うようにしましょう。

 

汚れに応じて、水や衣類用洗剤などを利用しますが、確実に「シミ」になってしまったものは、クリーニング店にお任せすることをお勧めします。

 

汚れに関しては様々なセルフケア方法がありますが、多くの方がそのセルフケアを「初めて」行うのではないでしょうか。

 

軽い汚れで試して成功した!という経験があれば良いのですが、大切にしているコートを汚して、初めてセルフケアを試みる・・・というのは実はとてもリスクが高いのです。

 

セルフケアで汚れをさらに浸透させてしまう、ということも少なくありません。

 

大切なコート、高価なコートなどはすぐにクリーニングに出してしまった方が、結果的にロスが少なく仕上がりが期待できます。

 

 

 

 

 

毎日お世話になるコート、仕事やお出かけの行き帰りに着るだけなのに、毎週クリーニングに出していては時間もお金も損失が大きいのではないでしょうか。

 

着用の仕方(一着を着続けない)、保管の方法でクリーニングはもちろん型崩れを防ぎ結果的に長持ちさせることができます。

 

クリーニングに出すばかりがコートの清潔を保つわけではありません。

 

日々愛着を持って丁寧に扱い、クリーニングの頻度を減らしてあげるだけでながく着続けられることにもつながります。

 

ワンシーズンに一回のクリーニングで清潔に着用できるよう、日々のケアを大切にしてあげてくださいね。


このページの先頭へ